2018.06.27 14:31

高知市の浦戸湾でイルカ悠々 5月下旬から出没

市街地や弘化台の市場を背景に、悠々と湾内を泳ぐイルカ(高知市の浦戸湾)
市街地や弘化台の市場を背景に、悠々と湾内を泳ぐイルカ(高知市の浦戸湾)
 高知市の浦戸湾で、バンドウイルカとみられる1頭が悠然と泳いでいる。迷い込んだのか、すみ着いたのか。1カ月ほど前から姿を見るという県営渡船の船員らは「ウミガメやエイは見たことあるけど、イルカは初めて」。大小の船が行き交う県都の海で、ぷかりと顔を出している。

 湾口に近い種崎や御畳瀬付近がお気に入りのようで、6月27日朝は御畳瀬漁港前などを行ったり来たり。朝夕に出没することが多く、浮かび上がる度に「ぷしゅー」と呼吸音が響く。

浮上し顔をのぞかせた
浮上し顔をのぞかせた
 堤防の釣り人は「夕暮れ時によう前を通るね。湾にはチヌやアカメがたくさんおるけど、イルカまで…」。魚の天敵だけにちょっと苦笑い気味だ。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 環境・科学高知中央


ページトップへ