2018.06.25 08:35

高知県の遠藤青汁が絵本「ぼくとケールおに」 食育に読み聞かせ

完成した絵本を披露する野村勝己社長=左=と永井みさえさん(南国市の遠藤青汁高知センター)
完成した絵本を披露する野村勝己社長=左=と永井みさえさん(南国市の遠藤青汁高知センター)
 遠藤青汁高知センター(南国市左右山)が、食事の大切さを学ぶ絵本「ぼくとケールおに」(南の風社)をこのほど出版した。野村勝己社長(39)と、絵本作家の永井みさえさん(27)=高知市=の思いを詰めた力作で、読み聞かせイベントなどで活用するという。

 B5判28ページ。野菜の嫌いな「たいよう君」が、青汁から生まれた「ケールおに」にバランスの取れた食事を取るよう教わり、元気になって恋も実らせる―というストーリー。

 野村社長が絵本を活用した食育を着想する中、須崎市でカフェ運営や映像制作を行っている野村生一さん(60)と知り合い、そのカフェのキャラクターを制作した永井さんともつながった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会医療・健康ニュース


ページトップへ