2018.06.22 08:39

外科医の仕事、高知大で中高生が学ぶ 「手術体験セミナー」

内視鏡手術で使う器具の操作を体験したセミナー(南国市の高知大学医学部付属病院)
内視鏡手術で使う器具の操作を体験したセミナー(南国市の高知大学医学部付属病院)
 中高生が手術室で外科医の仕事を学ぶ「手術体験セミナー」がこのほど、高知県南国市岡豊町小蓮の高知大学医学部付属病院で開かれた。2日間で計60人が参加し、内視鏡手術で使う器具や超音波メスの操作などに挑戦した。

 セミナーは地域社会貢献の一環で11回目。実際の手術室に入り、内視鏡手術支援ロボット「ダビンチ」など最新機器を操作できる全国的にも珍しい取り組みという。

 手術着に着替えた生徒たちは医師に習い、手洗いからスタート。手を清潔に保つために、肘を曲げて手首を顔の高さで保ち続ける独特のスタイルに苦労しながら、丁寧に洗い流した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 医療・健康ニュース教育香長


ページトップへ