2018.06.22 08:25

難病患者ら支えるピアサポーターに 高知市で7月に研修会

 難病の患者やその家族が経験を生かし、他の患者らを支える「ピアサポーター」を養成する研修会が7月14日、高知市九反田の高知市文化プラザ「かるぽーと」で開かれる。こうち難病相談支援センターの主催。
 
 高知県内では、14人のピアサポーターが同センターで相談に応じている。研修会は7月14日、8月18日、9月29日の3回。高知工科大学健康管理センター長の池雅之教授や群馬県の難病相談支援員らが講師を務め、ピアサポートに必要な知識や技術のほか、高知県の難病対策や福祉サービスなどを学ぶ。
 
 研修会はいずれも午後1~4時。無料。申し込み、問い合わせはこうち難病相談支援センター(088・855・6258)へ。


ページトップへ