2018.06.19 13:34

企画展「絵金を継ぐものたちー当館所蔵初公開作品を中心にー」

 高知県立歴史民俗資料館(公益財団法人高知県文化財団)の主催。幕末から明治にかけて土佐で活躍し絵金と呼ばれた絵師・金蔵。彼が大成した歌舞伎などの演目をダイナミック名構図と鮮烈な色彩で描く芝居絵屏風の技法は、弟子から弟子へと受け継がれていきました。芝居絵屏風は、祭礼を彩るという独自の文化を生み、現在でも土佐の人々を魅了しています。本展では、「野市絵金」と呼ばれた野口左巌(さがん)をはじめ、絵金の弟子筋と考えられる名もなき絵師たちの芝居絵屏風や幟などを紹介します。併せて、墨の線だけ描かれた白描画を一挙初公開します。

開催日 7月14日~9月17日
場所 高知県立歴史民俗資料館(南国市岡豊町八幡) 1F企画展示室
時間 9時~17時
入場料・参加料 大人(18才以上)510円、団体(20名以上)410円
高校生以下と各種手帳所持者は無料
公式HP http://www.kochi-bunkazaidan.or.jp/~rekimin/index.html
カテゴリー: 見に行く


ページトップへ