2018.06.18 08:45

室戸高校女子野球部が弁当考案 高知県の地元スーパーと販売

地元スーパーとのコラボ弁当を考案した室戸高校女子硬式野球部員(室戸市の室戸高)
地元スーパーとのコラボ弁当を考案した室戸高校女子硬式野球部員(室戸市の室戸高)
 高知県内大手スーパー、サンシャインチェーンの「室戸ショッピングセンター」(室戸市浮津)が昨年に続いて、室戸高校女子硬式野球部と共同で弁当を考案し、チェーン店4店舗で販売している。全6種類を週替わりで1種類ずつ、数量限定で提供しており、昨年同様、売り上げの一部は女子野球部に寄付し、活動を支援する。
 
 サンシャインチェーンが女子野球部への支援や地域貢献、食育推進を目的に企画。弁当や丼など計8種類を考案した前回は、売り上げの一部約14万円を寄付した。
 
 今年は部員6人の案を基に試作し、唐揚げやハンバーグ、焼き肉などボリュームたっぷりのおかずが魅力の弁当が完成した。価格は前回と同じく500円で、今月から同市の「サンシャイン室戸」と「サンシャインオーシャン」のほか、「サンシャインゆい」(安芸郡田野町)、「サンシャインモアナ」(徳島県海陽町)で販売している。
 
 2年の山崎野乃子さん(16)=高知市出身=は「高知の良さを取り入れたい」とユズ風味の唐揚げを思いついた。「メンバーでアイデアを出し合い、食べたい物をいっぱい入れた」とPRしている。(馬場隼)

カテゴリー: スポーツ社会女子野球スポーツ室戸


ページトップへ