2018.06.18 08:40

高知県四万十町で770歳のヒロハチシャノキ 甘い香りまとう

開花した樹齢770年余りのヒロハチシャノキ。若木にはない堂々たる存在感だ(四万十町魚ノ川)
開花した樹齢770年余りのヒロハチシャノキ。若木にはない堂々たる存在感だ(四万十町魚ノ川)
 高知県高岡郡四万十町魚ノ川に根を張って770年余りのヒロハチシャノキが、白い花を咲かせ始めた。根元に乳房状のこぶがあり、「乳もらいの木」として信仰を集めてきたご神木で、国の天然記念物。南北15メートルの豊かな樹冠に甘い香りをまとい、道行く人を楽しませている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 環境・科学高幡


ページトップへ