2018.06.17 08:46

四国高校選手権第2日 陸上は高知県勢が2種目制す

【男子400メートル決勝】48秒47で優勝した土佐の大野心碧(香川県立丸亀競技場)
【男子400メートル決勝】48秒47で優勝した土佐の大野心碧(香川県立丸亀競技場)
 四国高校選手権第2日は16日、25競技を実施。陸上で高知県勢が2種目を制した。男子400メートルの大野心碧(土佐)が48秒47で、5000メートル競歩の野村成希(岡豊)が21分25秒20で優勝を果たした。
 
 卓球団体は明徳義塾の男子が16年連続31度目、同女子が9年連続14度目の四国一に輝いた。
 
 柔道男子の岡豊、バドミントン男子の高知商、ソフトテニス男子の明徳、なぎなたの高知南が3位に入った。
 
 第3日は17日、4県で30競技が行われる。

軽快 予選で自己ベスト 大野
 1メートル80センチ近い長身を生かした伸びやかな走りで、トラックを駆け抜けた。昨夏の全国中学校体育大会男子400メートルで準優勝した大野(土佐)が、四国選手権で1年生王者に輝き、高校総体へ駒を進めた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: スポーツ


ページトップへ