2018.06.15 08:30

「ベーチェット病」テーマに講演・交流会 6月23日に高知市

 全身に炎症が起きる難病「ベーチェット病」をテーマにした医療講演・交流会が6月23日、高知市九反田の高知市文化プラザ「かるぽーと」で開かれる。全国膠原(こうげん)病友の会高知支部の主催。

 ベーチェット病は膠原病の類縁疾患の一つで、主に口腔(こうくう)粘膜、皮膚、外陰部、目に症状が現れ、再発を繰り返す。

 当日は高知記念病院(同市城見町)リウマチ科の千々和龍美医師が「膠原病とは ベーチェット病の診断と治療」と題し講演。千々和医師を囲み、日常生活の困り事や不安、悩みなどを話し合う交流会を開く。

 午後1時半~3時半。参加無料。申し込み、問い合わせは全国膠原病友の会高知支部の竹島和賀子支部長(090・4502・1427)へ。



ページトップへ