2018.06.14 08:35

高知県で外国人技能実習生4年で倍増 企業、農業の人手不足背景

 高知県内で働く外国人技能実習生が急増している。人手不足を背景に受け入れを希望する事業所や農家が増えているためで、高知労働局の統計では、2013年の754人が2017年には1405人(いずれも10月末時点)となり、4年間でほぼ倍増した。政府は実習制度の期間延長や対象職種の拡大を進めており、労働市場で実習生が占めるウエートはさらに高まる見通しだ。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済


ページトップへ