2018.06.12 08:35

がん検診大切さ学ぶ 高知県の幡多けんみん病院が大月中で授業

大月中で行われた幡多けんみん病院の訪問授業(大月町弘見)
大月中で行われた幡多けんみん病院の訪問授業(大月町弘見)
 がんについての理解や知識を深めてもらおうと、幡多けんみん病院(高知県宿毛市山奈町芳奈)がこのほど、幡多郡大月町弘見の大月中学校で訪問授業を行った。
 
 6日に行われた授業には全校生徒107人が参加。幡多けんみん病院のがん診療委員会委員長の上岡教人副院長が、がんがなぜ発症するのかや病状の進行速度など、基本的な知識をクイズを交えながら講義した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 医療・健康ニュース幡多教育


ページトップへ