2018.06.12 08:40

不祥事アイドルから市長へ?高知県室戸市で「俄」 笑いで風刺

津野山古式神楽の演目の一つで、子どもの成長を祈る「大蛮」(写真はいずれも室戸市中央公園相撲場)
津野山古式神楽の演目の一つで、子どもの成長を祈る「大蛮」(写真はいずれも室戸市中央公園相撲場)
ユーモラスに世相を風刺する佐喜浜俄
ユーモラスに世相を風刺する佐喜浜俄
 高知県室戸市の魅力を再発見する「むろとの日」のイベントが6月10日、市中央公園相撲場で行われた。室戸の秋の風物詩「神祭」がテーマで、今年は市外から高岡郡津野町の「津野山古式神楽」、安芸郡東洋町甲浦の「浦安の舞」も参加し、千人以上の観客を魅了した。

 市内は三津、室津、浮津、佐喜浜の各地区がそれぞれ太刀踊り、馬子唄、鯨舟唄、俄(にわか)を披露し、吉良川地区が子ども花台を展示した。

 津野山古式神楽は、17ある演目のうち、鬼面の舞い手が子どもを抱える「大蛮(だいばん)」、えびす面の舞い手がユーモラスな「恵比須舞(えびすまい)」を演じた。

 大蛮は子どもの成長を祈るとされ、抱えられた子どもは宙を舞いながら驚いたり笑ったり。5カ月の次男、凜ちゃんが鬼に抱っこされた市臨時職員の山田千華さん(22)は「すごい迫力。御利益があるといいですね」と話していた。

 時事問題を笑いで風刺する佐喜浜俄は、人気グループ「TOKIO」の元メンバー、山口達也さん、カーリング女子日本代表の藤沢五月選手らに扮(ふん)する演者が登場。

 芸能界復帰の足掛かりに室戸市長になろうとする山口さん役に、市民役が「よその地域を心配する前に自分自身を見つめ直せ」と憤る。時計を取り出し、「自らが招いた惨事(3時)で一時(1時)的にくじ(9時)けることがあっても、しっかりと反省してゼロから出直してみしゃんせ。時をかけることなく張り(針)のある生活に戻り、復活する日が来るであろうがの~」と落とした。(馬場隼)

カテゴリー: 文化・芸能室戸


ページトップへ