2018.06.12 08:35

「ものべみらい」が役員派遣 高知県の物部川流域観光が正念場

 政府系ファンドが中心となって設立した物部川流域の観光まちづくり会社「ものべみらい」が、観光施設への経営関与を深めている。龍河洞(高知県香美市)をはじめ、苦戦模様の施設を「持ち株方式」で傘下に置き、振興プランを進める。「ポスト維新博」をにらむ県の支援も受けた流域の観光エリア化は、人でにぎわう夏に向け、正念場を迎えている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会香長


ページトップへ