2018.06.08 08:36

今年も一祭合祭 6/10「むろとの日」 高知県津野町、東洋町からも

室戸市の神祭を集めた昨年の「一祭合祭」(同市室戸岬町の市中央公園相撲場)
室戸市の神祭を集めた昨年の「一祭合祭」(同市室戸岬町の市中央公園相撲場)
 高知県室戸市の魅力を再発見しようと毎年6月10日に催されているイベント「むろとの日」が、同日午前10時~午後3時、室戸市中央公園相撲場で行われる。昨年好評だった「一祭合祭(いっさいがっさい)」を今年も実施。俄(にわか)や太刀踊りなど、室戸の「神祭」の特徴的な祭事を披露する。今年は高岡郡津野町の「津野山古式神楽」、安芸郡東洋町甲浦の神社で奉納される「浦安の舞」も花を添える。
 
 「むろとの日」は、市や住民有志でつくる実行委員会の主催で9回目。昨年、地域ごとに多彩に執り行われる神祭を体感してほしいと「一祭合祭」を初めて企画。今年は、市外の神祭も見たいとの声にも応えた。
 
 市内からの参加は三津(太刀踊り)、室津(馬子唄)、浮津(鯨舟唄)、佐喜浜(俄)の各地区。吉良川の子ども花台も会場に展示する。ほかに、和太鼓グループ「土佐室戸勇魚太鼓」、よさこいチーム「地音舎(じおんや)」も出演する。問い合わせは実行委(0887・22・5147)へ。(馬場隼)

カテゴリー: 社会室戸高幡


ページトップへ