2018.06.07 08:35

高知県三原村でアジサイ見頃 宮崎さん亡き妻の収集品種を移植

 2012年に亡くなった高知県四万十市の女性が集めたさまざまな品種のアジサイが、幡多郡三原村宮ノ川の星ケ丘公園で見頃を迎えている。女性宅から移植し増やしたもので、夫の宮崎泰助さん(78)=四万十市右山元町=は「たくさんの人に見てもらって妻も喜んでいるはず」と目を細めている。

故宮崎明美さんが集め、星ケ丘公園に移植されたアジサイ。夫の泰助さんも訪れ、写真に収めた(三原村宮ノ川)
故宮崎明美さんが集め、星ケ丘公園に移植されたアジサイ。夫の泰助さんも訪れ、写真に収めた(三原村宮ノ川)
 アジサイが大好きだった妻の明美さんは、2003年に旧中村市役所を退職後、四国各地や鹿児島県の屋久島、口永良部島などを訪問。全国から約100品種を集め、自宅や畑で育てていた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会環境・科学幡多


ページトップへ