2018.06.06 14:35

強豪・高知中学校野球部 強さの秘密はトランシーバー練習!?

トランシーバーで指示を聞く選手たち(高知市北端町)
トランシーバーで指示を聞く選手たち(高知市北端町)
監督アドバイスは“耳元”で
 野球の練習にトランシーバー? 3月に行われた軟式野球の全日本少年春季大会で優勝を果たすなど、全国屈指の強豪チームである高知中学校。激しい動きも求められる練習で、珍しいアイテムが強豪校の鍛錬に一役買っている。
 
指示を出す浜口佳久監督(高知市北端町)
指示を出す浜口佳久監督(高知市北端町)
 練習中、動きを止めたナインが浜口佳久監督(43)に視線を向ける。指示を出す指揮官はなぜかボソボソ。その声量では数十メートル先も届きそうにないが、選手は「ハイ!」。よく見ると、耳にはイヤホンマイク。トランシーバーで細かな動きを伝えているのだ。
 
 浜口監督によると、声を張り上げると肝心な言葉が抜け、細かく伝えることをためらいがちになるそうだ。同校の戦術は緻密で、約束事の確認作業も多い。以前は拡声器などを使っていたが、「しんどくなって」。2月中旬に10機購入。その後も追加し、今では30機を使っている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: スポーツ中学野球高知中央スポーツ


ページトップへ