2018.06.06 08:40

高知大・岡村教授「伊方原発耐震基準は過小評価」 高松高裁審尋

【参考写真】伊方原子力発電所
【参考写真】伊方原子力発電所
 四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを求め、同県内の住民が申し立てた仮処分の即時抗告審の第3回審尋が6月5日、高松高裁(神山隆一裁判長)であり、住民側の参考人として意見陳述した岡村真・高知大学名誉教授(地震地質学)らが、3号機の基準地震動(耐震設計の目安となる揺れ)は過小評価だと訴えた。

 審尋は非公開。住民側の弁護団によると、原発近くを通る国内最大級の活断層「中央構造線断層帯」の位置などが焦点となった。

 岡村氏は、四電が伊方原発から断層までの距離を約8キロとしている点を批判。活断層は最短で5・5キロ、震源断層は少なくとも7キロの位置にあるとし、わずかな距離の違いが地震動に大きな影響を与えると強調した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 高知のニュース

ページトップへ