2018.06.06 08:35

ふれあい高新in越知町 7/17~21日 キャンプ場などで多彩に

移動高知新聞
 高知新聞社は「第25回移動高知新聞 ふれあい高新」を7月17~21日の5日間、高岡郡越知町で開きます。4月にオープンした「スノーピークおち仁淀川キャンプフィールド」=写真=などを会場に多彩なイベントを展開、同町の話題を重点的に報道し、町の魅力を発信します。

■ふれあい文化祭
 17日午前10時、仁淀川キャンプフィールドで地元の園児らによる歌と踊りで開幕。町民会館では、町のあの頃と今を紹介する「ふれあい文化祭」が始まり、21日までの期間中、町内の愛好家による絵画・書道作品や懐かしいママさんバレーの写真とともに、高知新聞に掲載された報道写真約100点を展示します。

■横倉山トレッキング
 18日、横倉山でトレッキング。午前10時に集合して約4時間、初夏の幻想的な横倉山を地元ガイドが案内します。

提供:日本将棋連盟
提供:日本将棋連盟
■杉本七段招き将棋大会
 19日、宮の前公園の特設会場で、最年少プロ棋士・藤井聡太七段の師匠として知られる、杉本昌隆七段=写真=を招いての将棋大会。仁淀川の涼風を感じながらの対局、杉本七段の指導や解説を楽しんでもらいます。

■健康づくり体操
 20日は、町保健福祉センターで高齢者の健康づくりをテーマにしたイベントを開催。時代劇のテーマソングに合わせ体を動かす同町のオリジナル体操「きたえん坊(ぼう)将軍・おいしん坊将軍」と、東洋町社会福祉協議会から講師を招いての「新聞紙体操」がコラボレーションします。

■アウトドア・サウナ
 21日、仁淀川キャンプフィールド前の河原に「テントサウナ」を設置。たっぷり汗をかいた後に仁淀川で冷水浴を楽しんでもらう「アウトドア・サウナパーティー」を開催します。地元の特産品を使った軽食も準備します。フィナーレは、サンプラザ越知店駐車場の文殊まつり会場。町のご当地キャラクター「よコジロー」と踊る「よコジローダンス」を初披露、参加者全員で踊ります。期間中、SHOPおちぞねに移動編集局を開設。イベントの様子などをウェブサイトでも発信します。地元読者と本社幹部が意見交換する「夜なべ談議」、地元小中学生が地域の課題を考える「ふれあい高新こども新聞」などとともに、さまざまなニュースを紙面で紹介します。日帰りバスツアーも準備中です。

 協賛 越知町
 協力 ニューシティ33おち
    越知町商工会
    越知町観光協会
    越知平家会
    越知町教育委員会
    (株)スノーピーク
    越知町有志のみなさん

関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会ふれあい高新2018社会


ページトップへ