2018.06.06 08:49

高校生の感性イメージに 2020年全国高総文祭高知大会

 2020年夏に高知県で開催される第44回全国高等学校総合文化祭高知大会の「大会テーマの毛筆表現」「マスコットキャラクター」「イメージソングの歌詞」が決まった。いずれも県内の高校生の作品で、今後は大会のパンフレットやグッズに活用される。

 県教育委員会などが県内の中高生から作品を公募した上で決めた。3部門に計446点の応募があり、「毛筆表現」は岡豊高校3年の末延夏希さん、「キャラクター」は太平洋学園3年の呉田乃愛さん、「歌詞」(タイトル「繋(つな)ぐ」)は学芸高校2年の萩原里保さんと山口涼(すず)さんの作品が選ばれた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要全国高文祭教育教育


ページトップへ