2018.06.05 08:36

絵本「まっくらやみのまっくろ」 著者ミロコマチコさんが高知へ

変身する力表現
 躍動感あふれる動物や植物の絵と、リズミカルな文章が人気の絵本作家、ミロコマチコさん=東京都在住。近作の絵本「まっくらやみのまっくろ」は表紙や物語の前半が黒色を基調に描かれ、異彩を放つ。15日から高知市内で開かれる企画展を前に高知を訪れたミロコさんが「まっくらやみのまっくろ」について語った。
 
「身近なところにめちゃくちゃ感動できることがある」と話すミロコマチコさん(高知市はりまや町2丁目の「セブンデイズホテルプラス」) 
「身近なところにめちゃくちゃ感動できることがある」と話すミロコマチコさん(高知市はりまや町2丁目の「セブンデイズホテルプラス」) 
 絵本は、自分が何者か分からない“まっくろ”が主人公の物語。
 
 発想のきっかけは、ミロコさんが自宅の庭で育てていたアサガオだった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 文化・芸能


ページトップへ