2018.06.02 08:35

地元向けにがん知る小冊子を作成 高知県立幡多けんみん病院

 幡多地域の住民にがんについての基礎知識を深めてもらおうと、高知県立幡多けんみん病院(宿毛市山奈町芳奈)が「がんの小冊子―幡多版」=写真=を作成し、配布を始めた。

 同病院の医師や看護師らは、がんについて勉強する「がん診療委員会」(委員長=上岡教人副院長、26人)を2010年に設立。定期的な勉強会のほか、市民向けの公開講座「がんの学び舎」や幡多地域の小中学校での出前授業を行い、啓発に努めている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会医療・健康ニュース幡多


ページトップへ