2018.06.02 08:35

ドローンで農薬散布を デモ飛行見学会で学ぶ 高知市

最新の農業用ドローンが披露された見学会(1日午後、高知市春野町西畑)
最新の農業用ドローンが披露された見学会(1日午後、高知市春野町西畑)
 農業用の小型無人機「ドローン」の飛行見学会が6月1日、高知市春野町西畑の仁淀川河川敷で開かれ、農業関係者ら約10人が最新型ドローンの性能や特徴を学んだ。

 モデルショップなどを経営するヨシオカ(高知市)が、県外のドローンメーカーを招いて開いた。農業用ドローンは、農薬散布の手間を大幅に軽減。専用の無人ヘリに比べても安価で操作しやすく、導入例が徐々に増えているという。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会環境・科学高知中央


ページトップへ