2018.06.01 08:35

ふるさと納税活用 高知、香川、愛媛の自治体職員が学ぶ 高知市

自治体職員が寄付金の活用策を学んだふるさと納税セミナー(31日午後、高知市帯屋町2丁目)
自治体職員が寄付金の活用策を学んだふるさと納税セミナー(31日午後、高知市帯屋町2丁目)
 ふるさと納税の活用策を考えるセミナーが31日、高知市内で開かれ、高知、香川、愛媛3県の自治体職員約50人が寄付金を地域振興に生かした先進自治体の手法を学んだ。
 
 主催したのは、ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」を運営するトラストバンク(東京)。全国11ブロックで毎年セミナーを開いており、同社の担当者が返礼品競争や寄付金の動向などを解説した。
 
 返礼品の額に関する同社の調査によると、約600自治体のうち70%ほどが3割以下と回答したという。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会


ページトップへ