2018.06.01 08:45

全国公募展「紙わざ大賞」から72点 高知県いの町紙の博物館

さまざまな紙を素材にした多様な作品が並ぶ「紙わざ大賞」展(いの町の紙の博物館)
さまざまな紙を素材にした多様な作品が並ぶ「紙わざ大賞」展(いの町の紙の博物館)
筒井美夏(いの町)の作品も
 紙を素材に自由な発想で制作したアート作品による全国公募展「紙わざ大賞」。その巡回展が高知県吾川郡いの町の紙の博物館で開かれている。和紙、洋紙をはじめ、障子紙、厚紙、段ボール、新聞紙、ティッシュペーパー、チラシなど、さまざまな素材で作った独創的な入賞入選作品72点が並ぶ。高知県関係で入賞した同町の美術作家、筒井美夏の作品「Box」も展示している。27日まで。
 
竹内紀帆「生命」
竹内紀帆「生命」
 同賞は静岡県の製紙メーカー、特種東海製紙が主催する公募展。ペーパーアートのコンテストとして、1991年から年1回の開催で現在まで続いている。昨年開催された第27回展には全国から362点の応募があった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 文化・芸能高知中央

ページトップへ