2018.05.31 08:40

「譲渡前に不妊去勢を」米国獣医師、犬猫愛護で講演 高知市

犬猫の不妊去勢手術の重要性を訴えるジェフ・ヤングさん(29日夜、高知市知寄町2丁目のちより街テラス)
犬猫の不妊去勢手術の重要性を訴えるジェフ・ヤングさん(29日夜、高知市知寄町2丁目のちより街テラス)
 各国の犬猫の過剰繁殖問題に精通する米国の獣医師、ジェフ・ヤングさん(62)が5月29日夜、高知市内で講演し、県と高知市が計画する動物愛護施設の機能について、獣医師を常駐させて譲渡前の犬猫に不妊去勢手術を行うよう助言した。

 ヤングさんは、衛星放送「アニマルプラネット」の番組で「ドクタージェフ」として知られる。不妊去勢手術の重要性を訴え、30年で約17万件の手術を実施。各国の動物保護施設の実態調査に加え、メキシコなどで動物愛護の人材育成にも努めている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る



ページトップへ