2018.05.31 08:00

【日大反則処分】ゆがんだ体質取り除け

 日本大学アメリカンフットボール部の選手による悪質プレー問題で、関東学生連盟は反則行為は監督、コーチの指示だったと認定し、内田正人前監督と井上奨(つとむ)前コーチを「除名」とするなどの処分を決めた。
 除名は罰則規定で最も重く、永久追放に当たる。連盟は、関西学院大の選手にけがを負わすよう、前監督らが仕向けたと断じた。スポーツ競技を逸脱し、傷害行為にも等しい。厳罰は当然だ。
 選手の人格を平然と踏みにじる、強権的な指導がチームを支配していたとしか思われない。そのゆがんだ体質を取り除かなければ、再発防止は図れない。
 反則を犯した日大選手は、井上前コーチから「相手をつぶせ」と指示され、「けがをさせろ」と受け止めた。内田前監督に志願すると「やらなきゃ意味ないよ」と試合出場を認められ、危険なタックルに及んだと自ら認めた。
 一方、内田前監督らは反則指示を全面否定し、選手が指示を誤解したと釈明した。だが、連盟は部員らへの聞き取りで得た証言などを積み重ねて検証し、前監督らの釈明は「虚偽」と結論付けた。
 部員らの証言から浮かぶのは、内田前監督による独裁ともいえる指導体制だ。選手たちが日常の過酷な練習で、体力的にも精神的にも追い込まれる中、前監督があらがいようのない絶対的存在と化していた状況が浮かぶ。
 反則行為をした選手も当時、それまでの主力起用から一転して戦力外の扱いを受け始めていたとされる。その焦りと、監督への絶対服従の関係が選手の自律的な判断力を奪ったのだろう。
 内田前監督は日大の常務理事でもあり、人事を担当する。大学組織内で絶大な権限を持ち、同時に、日大を代表する強豪チームを率いた。勝利に駆られた過剰な指導を誰もチェックできなくなっていたのではないか。日大全体の組織統治の問題が背景に透ける。
 本格的な学生スポーツでは、程度や質の差はあるにしても、厳しい練習指導は決して珍しくないだろう。選手間の激烈なレギュラー争いもある。勝利至上主義が招きかねない危うさをどのチームも抱え込んでいるのかもしれない。
 暴力やパワーハラスメント問題は大相撲や女子レスリングでも相次いで発覚している。絶対服従の古い上下関係の意識のまま、厳しさだけがエスカレートし、指導者側の慢心や、選手の人格やプライドへの軽視を生んでいるように見える。
 今回の日大の問題を処分で幕引きにしてはならない。スポーツ界全体で向き合う問題と捉え、教訓を探り出していくべきだ。
 日大のチームも、反則を犯した選手も公式試合の出場資格停止処分を受けた。選手は言い逃れをすることなく、自ら名乗り出て過ちを認め、謝罪した。再起の機会が用意されるのは当然だ。
カテゴリー: 社説


ページトップへ