2018.05.30 08:45

伊能図を巡る-土佐の村々 今昔-第1話 東洋町甲浦~室戸市室津

(1)国道55号を自転車で南下。「御用」旗を立てた伊能忠敬一行が210年前、ここを歩いた(東洋町ゴロゴロ海岸、写真はいずれも山下正晃撮影)
測量の難所を自転車で
走行約45キロ(伊能隊の所要日数:4日)

 伊能忠敬が率いる測量隊が土佐を測量したのは文化5(1808)年。甲浦(高知県安芸郡東洋町)から藻津(宿毛市)まで、65日かけて踏破した。この「伊能ルート」を実際にたどってみれば、机の上では分からない「何か」を感じ取ることができるのでは? そんな思いから、まずは甲浦から室津(室戸市)まで、自転車で走り抜けた。210年前にこの海岸線を歩いた、忠敬の背中を追いかけながら―。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 文化・芸能土佐古地図ナビ文化


ページトップへ