2018.05.29 14:36

「企業主導保育所」が高知県内で増加 仕事と子育ての両立を支援

医療法人「野並会」が開設した保育所「キッズルームあいあい」(高知市駅前町)
医療法人「野並会」が開設した保育所「キッズルームあいあい」(高知市駅前町)
高知市9件、南国市1件 地域の子ども受け入れも
 仕事と子育ての両立や待機児童の解消へ、国が整備費などを補助する「企業主導型保育所」が、高知市を中心に増えている。従業員の子どもだけでなく地域の子どもも利用できる施設が多く、事業者の社会貢献にもつながっている。専門家は「待機児童の解消に有効だが、開設者は保育の質を担保するように心掛ける必要がある」と指摘している。

 企業主導型保育事業は、国が2016年度に創設した。事業者が主に従業員のために開設する保育所について、保育士の配置などの基準をクリアすれば、開設費や運営費に対して認可施設並みの助成が受けられる。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会医療・健康ニュース


ページトップへ