2018.05.26 08:15

紫峰書道会16回展で研さんの成果披露 高知市の高新画廊

会員が研さんを積んできた作品が並ぶ第16回「啐啄の書展」(25日午前、高知市の高新画廊)
会員が研さんを積んできた作品が並ぶ第16回「啐啄の書展」(25日午前、高知市の高新画廊)
 紫峰書道会の第16回「啐啄(そったく)の書展」が5月25日、高知市本町3丁目の高新画廊で始まった。30日まで。

 紫峰書道会は筆の友書道会顧問で昨年10月に亡くなった依岡紫峰さんが教員時代の1985年に同僚や児童の父母と書道を学ぶ会として発足。師と弟子が力を合わせて研さんを重ねることでお互いの技量を高めようと、2003年からは毎年グループ書展を開いている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 文化・芸能高知中央

ページトップへ