2018.05.26 08:00

【米朝会談中止】対話の機会探り続けよ

 米国のトランプ大統領が6月12日にシンガポールで予定していた初の米朝首脳会談を中止する方針を決めた。北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長に書簡で通告した。
 両国の利害主張が激しくぶつかり合う上、両トップがいずれも独断的で、予測不能なだけに、会談の中止も想定の範囲ではあった。相互不信の深い溝を埋める作業は容易ではない。
 だが、国際的な重大懸案である朝鮮半島の安定化に向け、やっと再び動きだした対話の流れを断ち切ってはならない。互いに歩み寄る努力を続けるべきだ。
 激しく敵対してきた米朝は、北朝鮮が今年3月に「対話の用意がある」と韓国を通じて表明して以降、急接近を始めた。トランプ氏も正恩氏との会談に応じる意思を伝え、ポンペオ国務長官が訪朝するなど実務的な調整を進めてきた。
 この間、北朝鮮は核開発凍結を宣言し、10年半ぶりの南北首脳会談に臨むなど、融和ムードが一気に高まった。だが、「完全な非核化」を先行的に迫る米に対し、北朝鮮は制裁解除などの見返りを得ながらの「段階的措置」を求めて譲らず、事前交渉は難航した。
 米朝が互いにけん制し合うようになり、ついにトランプ氏が北朝鮮の「敵対的な言動」を理由に中止を決めた。ペンス副大統領への激しい非難や一方的な交渉拒否、北朝鮮の核実験場廃棄を検証するための専門家の立ち会いを拒んだことにも不信を深めたという。
 トランプ政権にすれば、史上初の米朝会談の実現を秋の中間選挙に向けた外交成果にしようとする思惑もあろう。その狙い通りに進まない焦りから、中止通告という強気の態度を示すことで、揺さぶりを掛けたとの見立てもできる。
 北朝鮮の正恩氏も対米交渉の後ろ盾として頼る、中国の習近平国家主席と短期間で2度にわたって首脳会談を重ねた。蜜月関係をアピールすることで、米の圧力をけん制したとみられる。米には中国が存在感を増す状況へのいら立ちもあったのではないか。
 トランプ氏は北朝鮮の非核化へ「最大限の圧力」を続ける意向を表明する一方、北朝鮮側からの対話要請には応じる意向も伝えた。北朝鮮も困惑をにじませながら「首脳会談が切実に必要だ」との談話を出し、米側に再考を促した。
 双方が歩み寄る余地を互いに示しているようにも見えるが、トランプ政権と金正恩政権は常に予断を許さない対立を続けてきた。朝鮮半島情勢は融和ムードから一転し、再び緊迫しかねない。
 北朝鮮の「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」は国際社会の要請でもあり、その実現まで制裁を解除するわけにはいかない。同時に、対話の機会を探り続ける必要がある。米朝のみの枠組みに委ねるのではなく、国際社会が連携して会談実現に関わっていくべきだ。
カテゴリー: 社説


ページトップへ