2018.05.26 08:35

高知・仁淀川町の宿泊施設「秋葉の宿」再開 外国人客が運営協力

再開した「秋葉の宿」の客室で米元陽平支配人=左端=と談笑する外国人観光客のボランティア(仁淀川町高瀬)
再開した「秋葉の宿」の客室で米元陽平支配人=左端=と談笑する外国人観光客のボランティア(仁淀川町高瀬)
 人手不足で約1年休止していた高知県吾川郡仁淀川町高瀬にある町の宿泊観光施設「秋葉の宿」の宿泊・レストラン部門が指定管理者制度を導入し、4月から営業を再開している。ゴールデンウイーク期間中の宿泊はほぼ満室と滑り出しも好調。外国人旅行客を運営ボランティアとして活用しており、施設の担当者は「仁淀川など地域のブランドを宣伝し、お客さんを呼び込みたい」と意気込んでいる。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会高吾北


ページトップへ