2018.05.23 08:50

中村・愛媛知事と尾﨑知事 四国観光の抜本強化で一致 高知市

新装オープンした県立坂本龍馬記念館を視察する尾﨑知事=左=と愛媛県の中村時広知事(22日午前、高知市浦戸)
新装オープンした県立坂本龍馬記念館を視察する尾﨑知事=左=と愛媛県の中村時広知事(22日午前、高知市浦戸)
 高知、愛媛両県知事が22日、高知市で交流会議を開き、四国4県が一体となった観光振興を強化するため、官民組織「四国ツーリズム創造機構」の機能を抜本的に拡充していくことで一致した。

 四国4県や地元企業でつくる同機構は2019年1月に一般社団法人化し、同年3月末までに観光庁が推進している「日本版DMO(観光地域づくり推進法人)」の登録を目指す方針を決めている。

 尾﨑正直知事は、日本版DMOが地域観光に携わる各組織のかじ取り役を担うことから「単なる法人化ではなく、民間活力を生かす形で機能を抜本的に強化したい」と表明。インバウンド(訪日外国人客)に対応できる観光地づくりや、四国が一体となったPRの重要性を訴えた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済高知中央


ページトップへ