2018.05.23 08:40

“万引家族”に猶予刑 長男に窃盗指示の父に判決 高知地裁

【参考写真】高知地方裁判所
【参考写真】高知地方裁判所
「一番好きなお父さんのために盗んだ」
 小学6年の長男に指示してDVDプレーヤーや食品を万引させたとして、窃盗罪に問われている吾川郡内の男(34)の判決公判が22日、高知地裁であり、山田裕文裁判官は懲役1年6月、執行猶予3年を言い渡した。

 起訴状などによると、男は2017年7月、高知市内のレンタルビデオ店で長男に指示してDVDプレーヤー(9698円)を万引させた。同年11月にも同市内のスーパーで長男に「これが食べたい」と伝え、にぎりずし1パック(1058円)を盗ませた。

 男は長男に約10回万引をさせ、そのたびに「よう頑張ったね」とほめていた。調べに対し、長男は「世界で一番好きなのはお父さん。抱きしめてキスしてくれる」「お父さんのために盗んだ」と告白。すしを盗んだ際には、警備員に見つからないように「お父さんが捕まったら大変だから離れて」と男をかばったという。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会


ページトップへ