2018.05.22 08:40

第71回高知県高校体育大会 ソフトボール高知農業56年ぶりV

表彰式で優勝旗を受け取る高知農業の小野川智大主将(21日正午すぎ、高知市の春野総合運動公園=佐藤邦昭撮影)
表彰式で優勝旗を受け取る高知農業の小野川智大主将(21日正午すぎ、高知市の春野総合運動公園=佐藤邦昭撮影)
 高知県高校体育大会最終日は5月21日、高知市の春野総合運動公園などで9競技を行った。このうちソフトボール男子では高知農業が高知工業を下し、56年ぶり2度目の優勝を飾った。

 高知農・大久保潤人、高知工・近森大起両エースによる投手戦は、七回を終えて0―0のまま、無死二塁から始まるタイブレーカーに突入した。

 八、九回も互いに無得点だったが、十回表に高知工が笹岡南斗選手のタイムリーで1点を先制。しかしその裏、高知農は主将の小野川智大選手のヒットで同点に追い付くと、大久保選手が犠牲フライを放ち、2―1で逆転サヨナラ勝ちした。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: スポーツ県体2018スポーツ


ページトップへ