2018.05.21 08:31

高知県高校体育大会第2日 18競技が終了、5月21日は9競技

 第71回高知県高校体育大会(県体)は20日、27競技を県内各地で行った。
 
 剣道は高知が男女とも2連覇を飾り、空手道は明徳義塾の男子が2年ぶり、土佐女子が4年ぶりの栄冠。弓道の男子は東工業が初優勝、女子は岡豊が2年連続優勝を果たした。
 
 ハンドボールの男子は高知中央が4年連続、女子は土佐が2年ぶりの優勝。ラグビーは土佐塾が6年連続の頂点に立った。
 
 少林寺拳法は高知工業の男子が2年ぶり、中央の女子が初優勝。体操の男子は東工業が5年ぶり、女子は高知が5年連続で制した。新体操は西が2年ぶり、ライフル射撃は女子ビームで高知農業が2年ぶりの優勝を飾った。
 
 この日、18競技が終了。最終日の21日はバスケットボール、ソフトボール、バレーボール、サッカーなど9競技が行われる。

関連記事

もっと見る

カテゴリー: スポーツ県体2018スポーツ


ページトップへ