2018.05.20 08:43

窪之内英策さん 出身の高知市で原画展「アオハルかよ。」キャラも

窪之内英策さんがCMキャラクターとして描いた17歳の魔女のキキ((C)『魔女の宅急便』角野栄子作 福音館書店刊)
窪之内英策さんがCMキャラクターとして描いた17歳の魔女のキキ((C)『魔女の宅急便』角野栄子作 福音館書店刊)
CMでも話題 横山まんが館
 高知市出身の漫画家、窪之内英策さん(51)の原画展が、同市九反田の横山隆一記念まんが館で開かれている。高校生という設定の「魔女の宅急便」のキキなど、テレビコマーシャル用にデザインしたキャラクターの絵200点余りを紹介している。7月1日まで。

 窪之内さんは高知工業高卒業。サラリーマン経験を経て1986年にデビューした。「ツルモク独身寮」「ショコラ」などの代表作があり、現在はイラスト制作を中心に活動している。

 最新作は、「魔女の宅急便」のキキやとんぼ、「サザエさん」のサザエやマスオらが「高校生だったら」という設定で手掛けたキャラクターデザイン。今どきの青春アニメ風に仕立てた日清食品の商品CMとして昨年から今春まで流され、話題を呼んだ。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会文化・芸能


ページトップへ