2018.05.19 08:35

高知県高校体育大会「県体」開幕 31競技48校5500人熱戦

 高知県内高校生のスポーツの祭典、第71回県高校体育大会(県体)が19日から3日間、春野運動公園など各地で行われる。参加校は昨年より1校多い48校で、約5500人の選手たちが、31競技で熱戦を繰り広げる。
 
 ほとんどの競技で全国総体(7月26日~8月20日、東海地方4県と和歌山県)の代表が決定。陸上などは四国選手権(6月15~18日・四国4県=自転車などは別日程)で全国行きが決まる。ラグビー、ライフル射撃、硬式野球は全国総体と別に全国大会を行う。
 
 水泳は県体と別日程で、6月9、10日に競泳、同10日に飛び込みが行われる(四国選手権=7月14、15日・愛媛県)。
 
 県体初日の19日は、新体操、フェンシング、レスリング、少林寺拳法以外の27競技がスタートする。県高体連は応援へのマイカー利用を極力控え、公共交通機関で来場するよう呼び掛けている。(吉川博之)

関連記事

もっと見る

カテゴリー: スポーツ県体2018スポーツ


ページトップへ