2018.05.19 08:40

高知県田野町からFリーガー誕生 大崎永遠さんデウソン神戸に

帰省した際、地元のフットサル大会に参加し、シュートする大崎さん=手前右(1月、安田町東島の中芸広域体育館)
帰省した際、地元のフットサル大会に参加し、シュートする大崎さん=手前右(1月、安田町東島の中芸広域体育館)
「恩師、後輩に恩返しを」
 国内最高レベルのフットサルチームが集うFリーグに今春、高知県安芸郡田野町出身の選手が加わった。大崎永遠(とわ)さん(18)=神戸市。今季から2部制(F1、F2)になるリーグのF2、デウソン神戸で「特別指定選手」としてプレーする。来月末の開幕を控え、「これまで支えてくれた高知の恩師や後輩のためにも頑張り、恩返しをしたい」と話している。日本フットサル連盟によると、高知県出身のFリーグ選手は2人目。
 
大崎永遠さん
大崎永遠さん
 大崎さんは、田野小学校から県立安芸中学校に入学。同中サッカー部に所属しながら、地域のフットサルチーム「デスフルート中芸」に参加した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要スポーツ安芸


ページトップへ