2018.05.17 08:40

5/19、20に安芸市で「全国大学 女子硬式野球選手権 高知大会」


 硬式野球の全国大学女子選手権高知大会が19、20の両日、高知県安芸市の安芸球場で開かれる。初参加の大学を含む6府県8校の約200選手が、熱戦を繰り広げる。
 
 全国大学女子硬式野球連盟と安芸市が2015年から毎年開催。計7試合のトーナメントに、3連覇を狙う尚美学園大(埼玉)のほか、平成国際大(同)、日本大国際関係学部(静岡)、至学館大(愛知)、大阪体育大、桃山学院教育大(以上大阪)、環太平洋大(岡山)に加え、折尾愛真短大(福岡)が初参戦する。
 
 県関係では、過去2回の大会で好投を見せた環太平洋大3年の小松圭保投手ら、室戸高校野球部出身の4選手がメンバー入りしている。4月に同球場で強化合宿を行った日本代表選手も出場予定で、レベルの高い試合を楽しめそうだ。
 
 19日は午前8時15分から開会式の後、1回戦4試合(開始は午前9時、同11時半、午後2時、同4時半)。20日は準決勝2試合(午前9時、同11時半)と決勝(午後2時)を行う。いずれも入場無料。問い合わせは安芸市生涯学習課(0887・35・1020)へ。

カテゴリー: スポーツ女子野球スポーツ安芸


ページトップへ