2018.05.17 08:40

養殖魚輸出へ 宿毛市で高知県最大級の水産加工施設が起工

高知道水の水産加工施設の起工式が行われた建設予定地(宿毛市坂ノ下)
高知道水の水産加工施設の起工式が行われた建設予定地(宿毛市坂ノ下)
貸し倉庫や加工品販売も
 高知県幡多郡大月町で養殖マグロ事業を手掛ける道水(高野元宏社長、北海道函館市)の子会社、高知道水(同、大月町橘浦)の水産加工施設起工式が5月16日、宿毛市坂ノ下の建設予定地で行われた。主に、宿毛湾内の養殖魚の輸出を担う施設で、2019年3月中旬操業予定。県内最大級の水産加工施設となり、県産養殖魚の販路拡大が期待されている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会政治・経済幡多


ページトップへ