2018.05.17 08:35

鈴木三重吉と寺田寅彦の晩年交流の手紙初確認 高知県立文学館

鈴木三重吉
鈴木三重吉
 児童文学者の鈴木三重吉(1882~1936年)が、同じ夏目漱石門下だった物理学者、寺田寅彦の死後、寅彦の家族に宛てた手紙がこのほど新たに見つかった。体調が悪く葬儀に行けなかったことなどをわびる内容。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 文化・芸能高知中央


ページトップへ