2018.05.12 08:35

高知県内の高校生6人を大麻所持容疑で摘発 高知東署

ラップ仲間で売買
高知東署が高校生らから押収した乾燥大麻(高知県警提供)
高知東署が高校生らから押収した乾燥大麻(高知県警提供)
 高知東署は11日、大麻を所持したり、譲渡したりした大麻取締法違反などの容疑で、昨年7月以降、高知市内の高校に通っていた男子生徒6人を含む計12人を摘発した、と発表した。生徒らは音楽イベントなどを通じて大麻を入手し、ラップ仲間の間で売買していたといい、「海外のミュージシャンが吸っているのに憧れた。興味本位で使ったら、はまってしまった」などと供述したという。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会高知中央


ページトップへ