2018.05.10 08:35

龍馬、篤姫・・・幕末描いた「歴史文学」読み解く 高知県立文学館

年表パネルなどから幕末の文学を紹介する「幕末維新の文学と歴史展」(高知市の県立文学館)
年表パネルなどから幕末の文学を紹介する「幕末維新の文学と歴史展」(高知市の県立文学館)
執筆の時代背景など探る
 幕末の人物や出来事を扱った「歴史文学」について、時代背景などから読み解く「幕末維新の文学と歴史展」が、県立文学館(高知市丸ノ内1丁目)の常設展示室企画コーナーで開かれている。作家たちが激動の時代をそれぞれどう捉えたか、執筆当時の立場や目線から透けて見える。来年3月21日まで。

 第1部では、坂本龍馬暗殺や戊辰戦争、天災などの史実がさまざまな作品にどう登場するか、抜粋して年表パネルにまとめた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 文化・芸能幕末維新博観光高知中央


ページトップへ