2018.05.08 08:35

バラ華やかに山の初夏彩る 5月10日前後見頃 高知県仁淀川町

色鮮やかなバラの香りを楽しむ子どもら(仁淀川町竹ノ谷)
色鮮やかなバラの香りを楽しむ子どもら(仁淀川町竹ノ谷)

 
 高知県吾川郡仁淀川町の竹ノ谷地区で、住民らが育てているバラが見頃を迎え、華やかに初夏の山里を彩っている。連休中にも見物客が続々と訪れ、“花の女王”の魅力に酔いしれた。

 池川中学校近くの同地区でバラ愛好家数軒が庭を公開している。伊藤細美さん(68)の庭では、濃淡さまざまなピンクや赤、黄色のバラが約250種、400株ほど植えられている。アーチやフェンスを覆い、物語の世界を再現するかのように美しく咲く花々に、訪れた人は「すごくきれい」「いい匂いがする」とにっこり。

 ボーイスカウト活動で高知市から訪れた浜田心さん(10)は「こんなに種類があると思わんかった。すごくきれい」と話していた。

 伊藤さんによると、今年は暖かい日が続いたことから開花が早まっており、10日前後が見頃になるという。(森田千尋)

カテゴリー: 環境・科学高吾北


ページトップへ