2018.05.08 08:36

高知県内ゴールデンウイーク観光26万人 昨年に続き好調

好天、維新博第2幕で
 今年のゴールデンウイーク(4月28日~5月6日)9日間の高知県内の主要観光施設44カ所の利用者は26万6910人で、ほぼ前年(43施設、26万2839人)並みだったことが7日、県観光コンベンション協会などのまとめで分かった。44施設のうち25施設が前年割れしたものの、天候に恵まれたことや「志国高知 幕末維新博」第2幕の開幕などもあって好調を維持できた。
 
多くの観光客でにぎわった高知市の桂浜(3日午後)
多くの観光客でにぎわった高知市の桂浜(3日午後)
 利用者数が多かったのは(1)わんぱーくこうち2万5800人(2)高知城懐徳館2万3304人(3)県立のいち動物公園1万9696人(4)「龍馬伝」幕末志士社中1万9429人(5)県立坂本龍馬記念館1万6999人など。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会幕末維新博観光


ページトップへ