2018.05.08 08:35

広田一氏(高知2区)国民民主参加せず 民進県連・近藤代表も

 無所属の広田一衆院議員(高知2区)は、希望の党と民進党が合流した「国民民主党」が結党大会を開いた5月7日、民進党県連に離党届を提出した。新党には参加せず、無所属での活動を継続する。民進が存続政党となるため、新党発足に伴い、民進県連は事務手続き完了後に新党の県連に移行するが、近藤強代表(高知市議)は参加しないという。

 昨年10月の衆院選で当選した広田氏は、民進系の衆院会派「無所属の会」で活動していた。国会議員としての民進党籍はなく、政党交付金も受け取っていないが、同党の一般党員だった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済


ページトップへ