2018.05.01 08:34

国の重要文化財「旧立川番所書院」で打楽器の祭典 高知県大豊町

伊沢陽一さんの優しく弾む音色に観客も笑顔(大豊町立川下名)
伊沢陽一さんの優しく弾む音色に観客も笑顔(大豊町立川下名)
 高知県長岡郡大豊町立川下名の国の重要文化財、旧立川番所書院でこのほど、「打楽器の祭典」と題したコンサートが開かれ、スチールパンやピアノなどの音色に約110人が聴き入った。「志国高知 幕末維新博」の関連行事。
 
 「打楽器の祭典」は、高知市出身のマリンバ奏者、市川みどりさん(61)=埼玉県所沢市=が2013年に立川地区に古民家を購入した縁で、旧立川番所保存会(石川靖朗会長)や住民と昨年から開催。市川さんが国内外で活躍する奏者を呼び、毎回趣向を変えた演奏で楽しませている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会幕末維新博観光嶺北


ページトップへ