2018.04.30 08:30

チェコソフトボール代表、高知で合宿 U19の20人 高校生と試合

練習試合を終え、握手を交わすチェコ19歳以下代表チームと高知工高の選手ら(春野運動公園)
練習試合を終え、握手を交わすチェコ19歳以下代表チームと高知工高の選手ら(春野運動公園)
 2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、高知県や須崎市が連名でホストタウン登録をしているチェコ共和国の男子ソフトボール19歳以下代表チームがこのほど来高した。5月7日まで春野運動公園などで合宿を行う。期間中は高校生チームなどと練習試合をしたり、須崎市の小中学校を訪問したりして、交流を深める。
 
 高知県とチェコはホストタウン登録のほか、今年4月、同国オリンピック委員会との間で「事前合宿の協議を進める覚書」が締結されるなど、結びつきを強めている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: スポーツ東京五輪スポーツ


ページトップへ