2018.04.26 08:30

よさこい 高知市の菜園場、愛宕商店街が不出場 競演場は継続

ヒマワリの飾りを着けて笑顔で踊る「菜園場“菜の笑”さ組」(2013年)
ヒマワリの飾りを着けて笑顔で踊る「菜園場“菜の笑”さ組」(2013年)
 第1回よさこい祭りから参加してきた商店街チーム「菜園場“菜(な)の笑(しょう)”さ組」と「あたごまち愛組氣炎(あぐみきえん)一座」が、今夏の第65回の祭りへの不参加を決めた。共通する大きな理由の一つが、競演場も有する商店街の人手不足。64年前、商店街振興を目的に始まった祭りは今、商店街の不振や運営関係者の高齢化に泣いている。

出場の常連だった前夜祭で踊る「あたごまち愛組氣炎一座」(2017年)
出場の常連だった前夜祭で踊る「あたごまち愛組氣炎一座」(2017年)
 菜園場商店街は第1回に「菜園場町」として17人で参加して以来、2回しか休まず踊り子隊を出してきた。計62回の出場回数は昨年出場した205チーム中5番目に多い。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 主要社会よさこい祭り文化高知中央


ページトップへ