2016.04.26 08:05

小社会 チェルノブイリ原発事故について自分は何も知...

 チェルノブイリ原発事故について自分は何も知らない。ベラルーシの作家で昨年、ノーベル文学賞を受けたスベトラーナ・アレクシエービッチさんの「チェルノブイリの祈り」(岩波現代文庫)。読んでいてつくづくそう思い知らされる。

 30年前の今日、4号機が爆発し原子炉が崩壊した。何も知らされず消火に当たった消防士らは大量の放射線を浴びた。病院に駆け付けた妻たちに看護師は接触を禁じる。「ご主人は人間じゃないの、原子炉なのよ」。

 皮膚が崩れ、水泡に覆われ、怪物のような姿に変わり果てて死んでゆく夫。だが強烈な印象を受けるのは残酷な描写からではない。妻の証言から伝わってくるのは夫への愛の深さ。どんな悲劇にも壊されることのない人間の尊厳が、そこに描かれているからだろう。

 チェルノブイリの後、地震国イタリアは国民投票で原発廃止にかじを切った。福島第1原発事故後にはドイツも、2022年までの全原発停止を決めている。将来にわたって一定の原発を維持する日本とは対照的だ。

 熊本地震が続く中、鹿児島の川内原発は運転を続け愛媛の伊方原発も再稼働の準備が進む。いくら安全性に問題はないと言われても活断層だらけの日本。そのすべてを把握し、制御することは不可能なだけに不安は消えない。

 「チェルノブイリの祈り」の副題は「未来の物語」。災禍を繰り返すことはどんなことがあっても許されない。


4月26日のこよみ。
旧暦の3月20日に当たります。つちのえ とら 九紫 仏滅。
日の出は5時23分、日の入りは18時45分。
月の出は22時15分、月の入りは8時04分、月齢は18.7です。
潮は中潮で、干潮は高知港標準で1時54分、潮位68センチと、14時13分、潮位19センチです。
満潮は7時36分、潮位164センチと、20時52分、潮位156センチです。

4月27日のこよみ。
旧暦の3月21日に当たります。つちのと う 一白 大安。
日の出は5時22分、日の入りは18時46分。
月の出は23時05分、月の入りは8時52分、月齢は19.7です。
潮は中潮で、干潮は高知港標準で2時29分、潮位76センチと、14時50分、潮位25センチです。
満潮は8時07分、潮位157センチと、21時36分、潮位149センチです。
カテゴリー: 小社会コラム


ページトップへ